シックスパッドで腰痛予防!知らなきゃ損する鍛え方

最近腰が弱くなったと感じる事はありますか?元々腰が強かった人でも年齢を重ねる毎に腰の強度等は弱くなり、ちょっとした事で腰を痛めてしまうなんて事があるかもしれません。若い時から腰が痛くなっていた人は更に注意が必要になってきます。

シックスパッドはダイエットをしたい人だけが使うものだと思い込んでいる人が多いようですが、実はそれだけではないのです!

実はシックスパッドは腰を強化し、腰痛予防等を行う事ができてしまう優れ物なのです。どういった効果があるのか詳しく説明していきますので最後までしっかり読んで下さいね★

 

シックスパッドは腰痛に効果がある?

シックスパッドを定期的に使用していく事で腰痛が鍛えられると言われてもあまりピンとくる人は少ないかもしれません。しかし、腰は人間の体の中でとても重要な役割を果たしているという事はお分かりですよね?

重い体を支えてくれる中心部分です。重い体を支えているから腰痛は起こってしまうものなのでしょうか。

まずは腰痛が起こってしまう原因を説明し、またどういったタイプの腰痛予防が出来るのかをお教えしますね。

腰痛の原因

そもそも腰痛が起きてしまう原因ですが、様々な事が考えられます。生まれつき腰が悪く、何度も腰痛を簡単に引き起こしてしまう慢性腰痛や、ぎっくり腰のように突然何かの拍子に起こしてしまう急性腰痛、または内臓疾患等が原因で引き起こしてしまうものやストレスだけで引き起こしてしまう腰痛等もあります。

一般的に知られている腰痛と言えば、肉体労働や体を動かし過ぎて腰に負担が掛かってしまい痛めてしまう事や、長時間同じ姿勢で椅子に座り続ける事で痛めてしまうものだと思います。

慢性的な腰痛ではなく、このような毎日の過ごし方が原因で引き起こしてしまう腰痛は何か事前に対処する事が出来ればストレスなく楽しい気持ちで毎日を送る事ができるはずです。

定期的にマッサージを受けたり、治療をしてもらっている人でも通い続ける事で一度は良くなったと感じても、通う事をやめてしまうとすぐに症状が元に戻ってしまうなんて事は良くある話です。

根本的な問題を解決しない限り腰痛は良くなりません。しかし、根本的な問題が何なのか、事前にどんな事をしていれば腰に負担が掛からなくなるのか良く分からないですよね?そんな方に是非使って頂きたいのがこのシックスパッドなのです。

このシックスパッドを使う事で腰痛になりにくい体を作り上げる事が可能になります。

 

シックスパッドが腰痛予防に有効なタイプは?

シックスパッドを使う事で腰痛になりにくいという事を説明しましたが、全ての「腰痛」に有効的かと言われると残念ながらそうではありません。

「腰椎分離症」といって10代の体が柔らかい年齢の時に運動を多く行う事で腰椎の後方部分に亀裂が入って起こってしまうものや年齢を重ねる事で腰椎がずれてしまう「腰椎すべり症」という症状の人にはお勧めできません。

シックスパットは腹筋が鍛えられていない人が身体を支える為に背筋が一生懸命カバーする事で腰痛を起こしてしまうようなタイプの方にはもってこいの商品です。

シックスパッドを毎日体に付けるだけで腹筋が鍛えられ、背筋で支える負担がなくなる事で腰痛を改善させる可能性が期待できます。

やはり鍛える事は何歳になってもとても重要な事かもしれません。辛い重いをして鍛えるのではなく、「ただ付けるだけで鍛える」事ができるのであれば、思わず使いたくなってしますはずです。

 

腰痛やヘルニアには、腹筋強化すべし

腰痛やヘルニアでお悩みの方は是非腹筋を強化して腰への負担を減らして欲しいと思います。腰が痛くなくなる事で出来る事や毎日の生活が必ず楽になる事間違いありません。具体的にシックスパッドを使う事で腰にどのような影響があるのが簡単に説明したいと思います。

シックスパッドの腰周りへの効果

腰が弱い人はコルセットのようなものを巻いて腰に負担が掛からないようにするのが一般的です。しかし、シックスパッドは腰に貼るだけで腰の筋肉を鍛える事が出来ます。腰の筋肉が鍛えられるという事はコルセットを付けなくとも自分の腰の筋肉がコルセットの役割をしてくれるようになるのです。よって腰痛を引き起こしにくい腰にする事が可能になるという事なのです。

シックスパッドだけで腰痛を防ぎきれるわけではない

シックスパッドを使う事で腰への負担が減り腰痛やヘルニアで悩んでいる方にはお勧めだという事がお分かり頂けだと思いますが、これはあくまでも腰痛の予防、もしくは症状を軽くできる見込みがあるというだけです。

もちろん個人差があり、全く痛くなくなったという人もいますが反対にあまり効果が無いいう人もいると思います。よって必ずシックスパッドを使う事で腰痛がなくなると考えないようにして頂きたいのです。

またひどい症状等がある場合はまず医師と相談してから使用する事もお勧めします。使い方を間違ってしまうと返って悪化してしまうという事もありますので注意して使用して欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です